週末安酒場彷徨

週末に安酒場を訪ね歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何故立ち飲みに拘るのか

そこに立ち飲みがあるからだ。「安い」ことが第一である。自販機前の一気飲みはaddictぽくて嫌だが,酒屋カウンターの前なら粋である。「おいしい」ことは重要である。割高でも鮮度のいい生ビールは本当においしい。未知の酒は不味くても,それはそれとして一つの出会いである。「気楽」であること。最低限のマナーさえ守れば,一時の気分転換が保障される。座りの店だと一杯一品で出て行くのは大人としてどうよということになりかねないからな。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/31(火) 06:36:47|
  2. 安酒場論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<立ち飲み屋『味の招待席』 | ホーム | 神戸エイ泣いてどうなるのか(千家和也)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shuusaka.blog.fc2.com/tb.php/891-c510734e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

shuusaka

Author:shuusaka
大阪の立飲みを中心に安くておいしい酒場を探し歩いています。

最新コメント

カテゴリ

飲み歩き計画 (116)
大阪 (257)
京都 (20)
兵庫 (45)
遠征 (14)
「彷徨」 (367)
思い出のアルバム (23)
安酒場論 (128)
ショートストーリー (18)
年寄りの繰言 (93)
至高の酒屋メニュー (11)
究極の立ち飲みレシピ (11)

フリーエリア

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。