週末安酒場彷徨

週末に安酒場を訪ね歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

めでたくもありめでたくもなし

「門松はめいどのたびの一里づか馬かごもなくとまり屋もなし」(一休蜷川狂歌問答)のという歌の下の句が後に変容したらしい。2006年に「大阪・萩之茶屋」に目覚めて以来,週末には欠かさず飲み歩いてきた。安くて,おいしく,楽しい店が沢山あるからだ。特に「立ち飲み」に魅せられた。それについては,何度も書いてきたが,未だに解明していない。実地調査には限界がある。同好のブロガー様,今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/01(木) 09:25:54|
  2. 年寄りの繰言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<わが衣手の雪も恥かし | ホーム | アテと酒の女王>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shuusaka.blog.fc2.com/tb.php/802-f005aecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

shuusaka

Author:shuusaka
大阪の立飲みを中心に安くておいしい酒場を探し歩いています。

最新コメント

カテゴリ

飲み歩き計画 (116)
大阪 (257)
京都 (20)
兵庫 (45)
遠征 (14)
「彷徨」 (367)
思い出のアルバム (23)
安酒場論 (128)
ショートストーリー (18)
年寄りの繰言 (93)
至高の酒屋メニュー (11)
究極の立ち飲みレシピ (11)

フリーエリア

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。