週末安酒場彷徨

週末に安酒場を訪ね歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さよか 実言ぅたらわたい 最前からね 喉ゴロゴロゴロゴロいぅてましてん えらい済んまへん ほな一杯だけ(二番煎じ)

かつては密な社交場として地味な存在だった立ち飲みも、今では女性も気軽に出入りできるメジャーな存在になり酒文化と食文化の一翼を担っている。立ち飲みをこよなく愛し「東京居酒屋名店三昧」(東京書籍)の著者である作家の藤原法仁氏と浜田信郎氏が制定。日付は11と11の形が人が集って立ち飲みをしている様に似ていることから立ち飲みの日。申請費7万円で制定できるそうですよ。「発起人藤原氏インタビュー
スポンサーサイト
  1. 2014/11/12(水) 05:41:30|
  2. 安酒場論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<世話した駄賃といぅことでいただきます えらい済んまへん…あと燗しときなはれ いただきます いただきま(二番煎じ) | ホーム | 「まぁこんだけ段取りしてもろてまんねやさかい 一杯ぐらいどぉぞ」「徳さん これよばれてよろしますか風邪薬」(二番煎じ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shuusaka.blog.fc2.com/tb.php/751-c3184e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

shuusaka

Author:shuusaka
大阪の立飲みを中心に安くておいしい酒場を探し歩いています。

最新コメント

カテゴリ

飲み歩き計画 (116)
大阪 (257)
京都 (20)
兵庫 (45)
遠征 (14)
「彷徨」 (367)
思い出のアルバム (23)
安酒場論 (128)
ショートストーリー (18)
年寄りの繰言 (93)
至高の酒屋メニュー (11)
究極の立ち飲みレシピ (11)

フリーエリア

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。