週末安酒場彷徨

週末に安酒場を訪ね歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うんアブクだよ それも上等なアブクじゃねぇや 風呂の中でこいた屁じゃねぇけども背中の方に回ってパチンだ(寅次郎忘れな草)


今月の酩酔百仙は南田辺駅前の店の紹介。何回か前を通ったがシャッターが閉まっていたので心配していたが,ご高齢のご夫妻は元気に営業されておられるようで安心した。中崎町のオーナーのように長生きしてもらいたいものだ。酒屋は自宅での営業がほとんどで家賃,人件費がかからない。当代の店主が酒屋を経営し,ご高齢の先代が常連との交流を楽しみながら立ち飲みをやっておられる。皆さんとてもお元気なのは当然のことだ。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/01(火) 05:56:13|
  2. 安酒場論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「何してるんだよお前こんなところで」「商売だよお兄さんこそ何してんのさこんなところで」「俺はリリーの夢を見てたのよ」(寅次郎ハイビスカスの花) | ホーム | そりゃ今は悲しいだろうけどさ 月日がたてばどんどん忘れて行くものなんだよ 忘れるってことは本当にいい事だよ(浪花の恋の寅次郎)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shuusaka.blog.fc2.com/tb.php/617-5c674801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

shuusaka

Author:shuusaka
大阪の立飲みを中心に安くておいしい酒場を探し歩いています。

最新コメント

カテゴリ

飲み歩き計画 (116)
大阪 (257)
京都 (20)
兵庫 (45)
遠征 (14)
「彷徨」 (367)
思い出のアルバム (23)
安酒場論 (128)
ショートストーリー (18)
年寄りの繰言 (93)
至高の酒屋メニュー (11)
究極の立ち飲みレシピ (11)

フリーエリア

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。