週末安酒場彷徨

週末に安酒場を訪ね歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

青年 女にふられた時はじっと耐えて一言も口をきかず黙って背中を見せて去っていくのが男というものじゃないか?(寅次郎わが道をゆく)

日陰を選んで歩かねばならない季節となってしまった。寿司屋がなかなか開店しなかったが,アーケードの下,ジャンクな電気製品を見て歩けば時間はつぶせる。寿司はネタの大きいタイプ。ホッピーはリーズナブルでありました。萩ノ茶屋の店は何故かどこも満員。アーケードをぬけ地下にもぐりハンズを覘く。地下鉄で爆睡し移動。椅子が並ぶ店をスルーすると,いつもの店の開店時間。最後の店も短時間で出て別のハンズを覘く。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/16(月) 05:24:20|
  2. 「彷徨」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<どうして風もねえのに波は立つのかな 沖のほうで誰かがこんな大きな洗濯板でわいわいこうやって波を立てているんじゃないかな(寅次郎恋やつれ) | ホーム | 俺から恋をとってしまったら何が残るんだ 三度三度メシを食って屁をこいてクソをたれる機械 つまりは造フン機だよ(花も嵐も寅次郎)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shuusaka.blog.fc2.com/tb.php/604-63712ce9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

shuusaka

Author:shuusaka
大阪の立飲みを中心に安くておいしい酒場を探し歩いています。

最新コメント

カテゴリ

飲み歩き計画 (116)
大阪 (257)
京都 (20)
兵庫 (45)
遠征 (14)
「彷徨」 (367)
思い出のアルバム (23)
安酒場論 (128)
ショートストーリー (18)
年寄りの繰言 (93)
至高の酒屋メニュー (11)
究極の立ち飲みレシピ (11)

フリーエリア

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。