週末安酒場彷徨

週末に安酒場を訪ね歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

買うほどのものではないか

大阪・京都・神戸 関西三都一日乗車券ガイド」なる本が6月に出ていたことがわかった。新刊はネットでチェックしているが,すべての情報が得られているわけではない。図書館の新着図書リストで見つけた。大阪は「ディープな大阪をめぐる一日旅」「超個性的な建造物を訪ねよう」「古きよき大阪を楽しむレトロ旅」「ナニワのいにしえを感じる一日」などのプランが紹介されているようだ。書店で見かけたら手にとってください。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/31(金) 05:14:57|
  2. 飲み歩き計画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポテトチップ偏愛主義

乾きものは苦手ではあるが,乾きものは乾きものだけに口の中が乾き,お酒がお酒が進む君なのである。柿ピーとウイスキーは相性が良すぎて危険なので避けているが,ポテトチップからは離脱できていない。夕飯で飲酒を重ねた挙句,ご飯を食べないで一袋あけてしまうことがある。酒屋でも,きっとあるはずであるが目に入ることはないのは,酒屋は食前酒の位置づけであり,炭水化物で〆て,飲み足りないアルコールを補充する場ではないからである。
  1. 2015/07/30(木) 05:56:06|
  2. 年寄りの繰言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青魚を塩締めしたら

苦手な方もおられるようだが,リスクがあるからこそ禁断の魔味というのは大袈裟であるが,「自家製」などと書かれていようものなら一番に注文してしまう。日本酒は言うまでもなく洋酒にも合う。酢で洗ったようなものも,既製品のよくつかったものも,それぞれの魅力がある。回転寿司なら一皿あれば,生ビール一杯飲むことができる。和歌山の早寿しや柿の葉寿司,焼き鯖寿しなど,寿し飯に魚の味が滲みて,それ自体が肴になる。
  1. 2015/07/29(水) 07:30:38|
  2. 究極の立ち飲みレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そんな日曜日の過ごし方

日曜日は情報の整理に明け暮れる。冷房は必須なわけであり,当然,電気代が嵩む。同じことなら電車に乗って移動しようというのが旅の始まりであったことを思い出した。コンピュータの情報をスマホで活用する方法はいくらでもあるようだが面倒なので自己流でやるので,なかなかうまくいってない。立ち飲みのデータベースは一応役に立っているので,寿司と食堂のリストを地域別に作ってメールで送っている。結構,時間がかかった。
  1. 2015/07/28(火) 06:46:13|
  2. 年寄りの繰言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消え行く激渋食堂

大衆食堂といえば著名な方がおられるからか,検索しても中々ブログが見つかりません。それがですよ。久しぶりに風呂屋のことを調べていたら,渋銭湯の専門家で本までだされている方のサイトに「激渋食堂メモ」なるリンクがあって開いてみたら驚いた。こういうのを見たかったんですよ。しかも,この方もライス抜きでお酒を頂いておられる。銭湯の調査と兼ねておられるのかも知れません。知らなかった店を教えていただきました。
  1. 2015/07/27(月) 05:41:21|
  2. 安酒場論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食堂朝酒最高です

久しぶりに朝食営業の食堂に入ることができた。長崎出身のご店主夫婦が狭いカウンターの中で仕込みで大わらわ。名物のチャンポンは昼からのメニューとのこと。小瓶のビールを空っぽの胃袋に流し込み,スピードメニューの冷奴をいただく。鯛の味噌漬けも名物のようであったが,半額の揚げ物をチョイスする。アーケードまでけっこう歩いて,久しぶりの酒屋を覗く。乾きもの以外は,家の冷蔵庫に備蓄しているものと同じであった。
  1. 2015/07/26(日) 04:56:39|
  2. 「彷徨」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食堂スタートできました

姫島          まつや              ビール小瓶                    冷奴 ミンチカツ
野里          河村酒店            缶ビール                      ポールウインナー
湊川          延命寺昭酒店         生ビール                      かき揚げ
湊川          すし半              ビール中瓶                     司
三宮          酒場さかい           生ビール                      蛸の梅肉あえ 牛串
三宮          心花                生ビール                      たこ焼き
尼崎          磯寿司              生ビール                      寿司
難波          立呑二劫           芋焼酎薩摩の奇跡 薩摩の匠 上野原   白菜塩漬
難波         ○○○○○○○       義侠 ハイボール                   ○○○○○○
十三          Deep Kamal           生ビール                      カバブサンド
  1. 2015/07/25(土) 06:34:07|
  2. 兵庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶちくんタイムの過ごし方

朝食営業の食堂でモーニングビール。立ち飲みをまわって,ランチ寿司の赤だしとお茶で水分補給してリセット。夏季限定冷やしラーメンでも可。電車か図書館で昼寝をして,後半戦に備える。この時期,駅ホームに冷房のきいた待合室があるので重宝する。デパートも立派な椅子があるが気が引ける。日中はスーパー銭湯に篭るのもいいかもしれないと調べてみたが,サウナのほうがいいかもしれない。いっそ帰宅したらいいかも。
  1. 2015/07/24(金) 05:46:23|
  2. 飲み歩き計画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結構手間のかかるものです

酒屋で飲むのに乾き物は嫌なので何かないかと尋ねると,夏なら冷奴ぐらいなら冷蔵庫から出してくれる。そしてカウンターには,ラッキョウや海胆くらげとともに枝豆が置かれるようになる。生を茹でたものであることは,色でわかる。うれしいことなのだけれど,茹でたてであっても,そのまま置いておくと傷んでしまうことがある。関西の暑さは沖縄よりキビシイのである。冷凍ものでもおいしいが,茹でたものに勝つはずがない。
  1. 2015/07/23(木) 06:11:32|
  2. 至高の酒屋メニュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐れながら憚りながら

魚肉ソーセージを最後に食べたのは何時のことだろうか。料理にすら入っていた記憶がない。嫌いだというわけではない。しかし,酒屋でそれしかなくても食べないだろうと思う。魚肉なら竹輪を食べればいいし,何より関西人は昔からポールウインナーとちゃいますのん。値段もそう変わらないのではないか。スーパーの安売りでは10本入りが300円と少しで買える。魚肉ソーセージは買った記憶がないので比べられないが。
  1. 2015/07/22(水) 06:03:21|
  2. 年寄りの繰言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おばちゃんいくつなんやろか

高槻は意外と朝酒スポットなのだが,JR長岡京の昼前から営業している立ち飲みと合わせ技で行ってみることにした。安い切符が買えれば吹田に鮪を食べに行くつもりだったが,自販機もチケットショップも見当たらないので高槻で下車。酒屋で生ビールをあおり,ランチ寿司をしばいて阪急の高架下へ。6:30から通しで営業している居酒屋は中々の佇まいでした。阪急駅前の店が土日祝14:00ということで,入店してみましたとさ。
  1. 2015/07/21(火) 05:45:43|
  2. 「彷徨」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連休で日曜昼飲み

長岡京         きなり             生ビール                      ポテトサラダ 牛すじ煮込み
高槻           田淵酒店           生ビール                      枝豆
高槻           津田屋            生ビール                     鰻肝煮
高槻           居酒屋八興         生ビール                      小芋煮
高槻           にくまる            山崎プレミアムハイボール          タパス三種盛り合わせ 
  1. 2015/07/20(月) 05:51:21|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビールは飲むパンといいますな

飲まず食わずで出てきているので,手堅く週末24時間営業の店からスタート。価格も内容も問題ない。近くの店はオネーサン接客系ではあったが,こちらもいい店だった。しかし,古くからの食堂の魅力に勝てるはずなく,谷九,大阪港,朝潮橋と周るが,どこも開いてなかった。バスに飛び乗り市岡のアーケード内の酒屋へ久しぶりに寄る。ご店主は代替わりしたのだろうか,何れにせよ心地のいい店である。食堂で飲んだつもりで回転寿司で瓶ビールを奢る。
  1. 2015/07/19(日) 06:36:25|
  2. 「彷徨」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食堂にふられまくる

日本橋        大吉              生ビール                    本日のカルパッチョ 自家製ギョーザ
日本橋        坂町カフェハイカラ    生ビール                    酒のアテ盛合せ
弁天町        淡路屋            生ビール                    枝豆
千林          すし倶楽部         ビール中瓶                  寿司
天王寺        森田屋           淡麗生                     鮪すきみ  
新世界        みふね           チューハイ                   おでん豆腐
新世界        平野屋           チューハイ                   小芋煮
難波          立呑二劫         芋焼酎いもたん 田苑紅寿         エビとオリーブのテリーヌ
難波         ○○○○○○○     フモトヰきもと原酒JOSANEG               ○○○○○○
  1. 2015/07/18(土) 06:21:51|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨で警報がうるさいよ

あっという間に17日になっていた。スルッとKANSAI3dayの発売日である。早速,使おうと思ったところの台風と大雨。出鼻を挫かれた格好だ。京阪沿線に課題があり,京都みやこびと1dayチケットを買っていたのだが,結局使わないうちに日々が過ぎていった。毎度のことである。三連休,北野田も行かねばと思っているが,飲み歩きに天気は関係ないはずであるが,なんとなく気が重い。好きな店ばかり行きたくなるのは老化現象なのだろう。
  1. 2015/07/18(土) 00:01:29|
  2. 年寄りの繰言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未知なる安酒の世界へと

新しい店の情報収集は,しばらく必要がありません。結果として,間違いのない行きなれた店にばかり足が向くことになります。夕方までに限られてしまいますが,酒代が嵩んでも,寿司屋や食堂,そして安居酒屋を新規開拓していこうと思います。早速,朝食営業やランチ営業に条件をしぼって検索してみました。「朝からやっている」のではなく「朝までやっている」店の中にはチェーン店ではない,よさそうな店もあるようです。
  1. 2015/07/16(木) 06:01:46|
  2. 飲み歩き計画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虚虚実実ということなのか

先日,ここでコピペ紹介したMOOK本を購入。これだけリサーチしているのに知らない店が沢山ありました。プロの実力を見せ付けられた感があります。土曜休みであったり,18時開店だったりで訪問できるのは何時になるのかわかりません。新しく開店した店は,意図的に流行の「立ち席」を作ってる感は否めませんね。立っている客は客寄せ広告塔でないことを祈念します。とまれ,汗水たらさずとも,立って飲めるお店を紹介できる僥倖に浸るとしましょう。
  1. 2015/07/15(水) 04:57:21|
  2. 安酒場論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涼しくなるのは何時なのか

先日,セミの鳴き声を聞いたような気がするが,まだ梅雨はあけていないようだ。台風一過,週明けには夏がやってくるのだろう。都会の熱波は,瞬時に汗を噴出させる。雨のように傘でさえぎることは不可能である。アーケードや地下街,駅を出て直ぐの店を飲み歩くだけでは限られてしまう。熱せられたコンクリートが冷える深夜に飲み歩き,始発電車で仮眠し,早朝営業の食堂で〆るという以前考えた計画を実行するしかないのだろうか。
  1. 2015/07/14(火) 05:47:05|
  2. 飲み歩き計画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『大阪 立ち飲みごはん』です

ここ数年で急増している,スタンディング系の酒場。気軽に楽しめるお店が増加し,盛り上がりをみせています。また,昨今では,焼肉やイタリアン,フレンチ,寿司といった料理ジャンルでもスタンディング・スタイルのお店が増加傾向に。このような低価格で存分に「飲む」「食べる」ことができる飲食店が新しいトレンドとして,今,大きなブームとなっています。スタンディングスタイルだけに特化したMOOK『大阪 立ち飲みごはん』7月9日発売です。
  1. 2015/07/13(月) 04:40:29|
  2. 年寄りの繰言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑さで汗でぬれるよりまし

使っていた傘が壊れたので手ぶらで出発。途中で買おうと思うが適当なものが見つからない。アーケードから小走りで店を周る。立ち寄った酒屋が未訪問だったことに気づく。何件かの食堂にふられ,とぼとぼと駅に戻ると,酒屋に暖簾を発見する。難波につくと強い雨脚に驚く。百貨店の傘は一桁違う。ショッピングセンターの庇を歩いていつもの店に到着。雨なので客が少なく,久しぶりにご店主と言葉をかわす。傘は結局買わず帰宅する。
  1. 2015/07/12(日) 07:52:02|
  2. 「彷徨」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阪神全駅制覇するぞ

湊川          たこ八                  ビール中瓶                    きずし 長いも煮
湊川          延命寺昭酒店           生ビール                      鮪すきみ
新開地        立って呑んでね福の神     生ビール                      スパサラ
元町          山田酒類販売           生ビール                      冷奴
久寿川        伊東商店             缶チューハイ          
難波          立呑二劫             麦焼酎風の梟 芋焼酎萬世紫 天狗櫻   白菜塩漬
難波         ○○○○○○○      醴泉涼純米吟醸                    ○○○○○○
  1. 2015/07/11(土) 05:30:44|
  2. 兵庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安酒は食堂の時代だ

大阪と神戸を隔週で飲み歩いている。神戸に行っても阪急阪神1dayなら難波にも寄る事ができるので問題ないのである。この週末は,朝から開いている食堂を湊川から周っていくことにした。駅前食堂なら効率がいい。雨で濡れる暇もないだろう。阪神電車は,普通電車が度々通過待ちをするので乗り継ぎか不可解なこともあり,まだ降りたことない駅も多くある。駅前なら飲ませてくれる酒屋もきっとあるはずである。
  1. 2015/07/10(金) 06:22:02|
  2. 飲み歩き計画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酒がなくてもお茶があるのだ

酒をお茶で割って飲むということは普段しない。夏場なので冷蔵庫に自家製の緑茶と烏龍茶があったので試しに飲んでみた。甲類焼酎を使ったので当然,お茶の味しかしない。随分昔,長期間酒を絶っていた時に,ドラマの登場人物で酒を飲まない中国茶マニアの登場人物を観た。お茶は発酵食品であり多様な魅力を持ち,酒に負けない魅力がある。アルコールに頼らなくても,陶酔するだけの力を持っている。嘘だと思うなら試してみるがよい。
  1. 2015/07/09(木) 05:20:43|
  2. 年寄りの繰言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

走ってみたらどうなるだろう

梅雨の合間をぬっての自転車通勤。適度の緊張感が働いて脳が活性化するのか,ここに書くことが次々と頭に浮かぶ。信号待ちにでもメモすればいいのだが,交差点で赤信号なら青信号の方を渡るので,殆ど止まらない。その結果忘れてしまうことになる。飲み歩く際は,乗り放題チケットがあっても毎回相当な距離を歩いている。運動にもなり,喉も乾きビールがおいしくていいのだが,自転車で回れたらなと思ってしまう。安価な輪タクがあればなぁ。
  1. 2015/07/08(水) 05:46:06|
  2. 年寄りの繰言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食堂のある街へ行く

最近,週一回しか飲み歩けないので,夕方寄る店が限られてしまう。新しい店が雨後の筍のようにできているが,殆ど行くことができていない。その多くは,暖簾わけ的な店なので新味がないということもある。これはという店に通うほうが新鮮な体験ができるように思う。酒類が高額という難点はあるが,食堂の料理は個性的であり,朝から営業している店も多く,新しい発見に事欠かない。近くの酒屋の前を通ると,偶然立ち飲み営業を発見することもある。
  1. 2015/07/07(火) 06:04:02|
  2. 安酒場論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝酒するなら食堂で

食べログの検索条件に営業時間の項目があり,「朝食」と入れて再検索すると,朝からやっている店を絞り込むことができた。片端からグーグルマップに位置を保存したが,いざ現地にてスマホを見ても,黄色い☆だらけで店名が出ないと何が何やらわからない。リストアップした店のデータを,うまくスマホに移す方法が見つからない。さんざブログを作って放置しておきながら,朝酒ブログを立ち上げようかなどと考えてしまう。とりあえずグーグルマップを整理しよう。
  1. 2015/07/06(月) 05:10:30|
  2. 飲み歩き計画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市場の朝御飯いろいろ

早朝は市場の食堂しか開いてない。おかずの量が多く高額なのが残念なところである。本場に向かう途中,バス停前の牛丼屋の生ビールの値段につられる。立ち飲みより安価で豪華な内容だが,何故か楽しくない。地下鉄を降りて歩いていると何時も満員の酒屋は,先客二人だけ。開店時刻を聞き出すことに成功する。本場の飲食店舗は点在しているのでアクセスが大変であるが,初めての食堂は,おかずも少量で小瓶もあり納得の価格であった。
  1. 2015/07/05(日) 06:37:48|
  2. 「彷徨」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九時までに五軒梯子する

東部市場前     お食事処あづま     ビール小瓶                     卵焼き ホタテ煮
東部市場前     寿し秀             ビール中瓶                     鯵のきずし
今里          松屋今里店        生ビール                      ソーセージ&ポテサラ
玉川          坂口酒店          缶チューハイ
玉川          みよし食堂         ビール小瓶                     子芋煮 うまき
九条          安井酒店          生ビール                      冷奴
中央中学前     さのや           生ビール                       アテ盛合せ   
難波          立呑二劫         芋焼酎手作り鶴乃泉 燃島               豚パテ
難波         ○○○○○○○○○○      喜楽長琵琶湖の夏 瀧自慢PROUD             造り盛合せ  
難波         ○○○○○○○       本家松浦                      タンシチュー
  1. 2015/07/04(土) 05:11:25|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝酒は市場からスタート

市場の朝酒はほぼ制覇できたと思う。茨木は食堂はないようだし,南港も一般向けはなさそうである。周囲の店も調べる必要はあるかもしれないが。早朝から飲めるのは,24時間営業や立ちそばのチェーン店,ホテルの朝食バイキングくらいか。ロードサイドの食堂は,まだまだあるだろうが歩くのが辛い。朝酒のできる時刻は,高槻と梅田,東部市場は9時,京橋は8時30分。北加賀屋は何時からだろう。未訪問の食堂の後に行ってみよう。
  1. 2015/07/03(金) 05:46:35|
  2. 飲み歩き計画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女子高生も立って食べるの?

たこ焼き屋で立ち飲みができる店が増えているように思う。朝酒の後,11時開店の店によると若者の団体客がカウンターに立っている。待つのも嫌なのでスルーせざるを得ない。食道街のたこ焼き屋も大行列。から揚げや焼きソバのテイクアウト店でも缶ビールを置いている店もよく見かけるようになった。屋台の立喰いは古来のものである。要は,昼酒が市民権を得たということではないか。酒屋や食堂と異なり,これらの店での客層は若い。
  1. 2015/07/02(木) 06:14:14|
  2. 安酒場論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

shuusaka

Author:shuusaka
大阪の立飲みを中心に安くておいしい酒場を探し歩いています。

最新コメント

カテゴリ

飲み歩き計画 (116)
大阪 (257)
京都 (20)
兵庫 (45)
遠征 (14)
「彷徨」 (367)
思い出のアルバム (23)
安酒場論 (128)
ショートストーリー (18)
年寄りの繰言 (93)
至高の酒屋メニュー (11)
究極の立ち飲みレシピ (11)

フリーエリア

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。