週末安酒場彷徨

週末に安酒場を訪ね歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アテと酒の女王

「今晩は雪やって。客は誰も来いひん。閑古鳥の立ち飲みの女王様やぁ。風もビュービュー吹いとるし。飲んでもバチはあたらんやろ。誰も見てへんし,ブリッコする必要はあらへん。飲んでることバレてもええやんか。いてまえ!いってまえ!もう我慢できひん。いてまえ!いってまえ!暖簾も下ろして。近所が何と言おうと,湯気を立てるおでん。ポットの酒をドボトボ…」(クリスティン・アンダーソン=ロペス)
スポンサーサイト
  1. 2015/01/01(木) 00:19:55|
  2. ショートストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酒屋立ち飲み化計画

酒屋を立ち飲みにしてしまえ!
オレにビールを飲ませろ オレはいつでも立ちにこだわるぜ
オレにビールを飲ませろ オレはいつでも立ちにこだわるぜ
缶ビールを買った 運動靴の男が
レジカウンターで プルトップを開けた
for away tonight feaver
natural high and trip
for away tonight feaver
natural high
ヨイマス ヨイマス 酒屋を立ち飲みにしてしまえ

「日本印度化計画」大槻ケンヂ改作
  1. 2014/04/02(水) 06:35:48|
  2. ショートストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

老ぬれば又あたらしく二丁目に こまもの店を出さんとぞ思ふ

「いらっしゃい。なんか見かけん客だな。何,立ち飲みできますかって。こいつどこかで飲んできているな。ダラダラと相手したくないな。店は年寄りの私一人トラブルになっても困る。断りましょう。断りましょう。」ということだったのだ。先客がいても拒絶的な対応をされたり常連客からやんわりと言われてこともありました。「飲ませてもらっている」という謙虚さをもっと滲み出させるようにしよう。
  1. 2014/04/01(火) 04:36:56|
  2. ショートストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八文は味噌を片手へ受けて飲み

「ども」「いらっしゃいませ。いつものを?」「はい」「どうぞ」「クカー。おでん大根と厚揚げ」「どうぞ」「こう寒いとやはりこれだね。熱燗よろしく」チン「どうぞ」「カパッ。ごちそうさま。700円置いとくよ」「たしかに。ありがとうございました」所要時間5分てとこですか。アルコールが脳に到達し,体が冷える間もなく次の店に到着です。「こんばんは」「毎度」
  1. 2014/03/14(金) 06:09:44|
  2. ショートストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

✌(๑˃̶͈̀◡˂̶͈́๑)✌

あんたたち,ちゃんとキャラ作りしてるの?お客さんが立ち飲みに求めるものは,楽しい夢のような時間でしょ? だったら,それにふさわしいキャラってものがあるの。全くしょうがないわね。例えば。
にっこにっこにー♪あなたのハートににこにこにー♪笑顔届ける立ち飲みにこにこー ♡にこにーって覚えてラブにこ♡

  1. 2013/12/24(火) 02:56:52|
  2. ショートストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

shuusaka

Author:shuusaka
大阪の立飲みを中心に安くておいしい酒場を探し歩いています。

最新コメント

カテゴリ

飲み歩き計画 (116)
大阪 (257)
京都 (20)
兵庫 (45)
遠征 (14)
「彷徨」 (367)
思い出のアルバム (23)
安酒場論 (128)
ショートストーリー (18)
年寄りの繰言 (93)
至高の酒屋メニュー (11)
究極の立ち飲みレシピ (11)

フリーエリア

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。