週末安酒場彷徨

週末に安酒場を訪ね歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

移転した情報もなく

酒屋さんが立ち飲み営業を止められたとしても,酒屋そのものがあり,自販機だけでも稼動していたとしたら「閉店」とするのは失礼であろう。いつも情報をいただいているブログをチェックしていると,中津の公園の前の酒屋が駐車場になってるとのことだった。グーグルマップで見てみると,店は跡形もなかった。飲んだことは二度ほどだったが,中津と天満の移動の際にご盛業を確認していた。いつの間にか月日が流れていたのだな。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/03(月) 06:09:33|
  2. 思い出のアルバム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誠あるほど通いもせずに

更新が頻繁でないブログを週末にチェックすると,歴史ある酒屋さんが今週の金曜日で営業を終えられることを知る。店長さんもご高齢でしかたのないことだけれども寂しいことである。ずっと気になって先日訪れたとき,きれいに片付けられた店内に,この日が近いことは予想できた。18時開店でなければ,もっと頻繁に行くことができたのだが。素敵なオーナーさんが目を細める前で,猫と同席して飲んだ思い出は忘れない。
  1. 2015/01/20(火) 06:25:14|
  2. 思い出のアルバム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

瓜生田商店

酒が売られていれば,その店は立ち飲みになり得る。かって師匠様がそれを証明された店である。煙草や新聞を売っている駅前の売店というような店であった。昨年,店先に立ち飲みコーナーが出現して,ビール大瓶地域最安値で立ち飲み界を震撼させた。大瓶は苦手で,そのうちに行こうと思っていたが,何時飲めるのかわからないまま月日が流れて,先日前を通ると閉店の張り紙があった。56年の歴史。昭和は遠くなりにけり。
  1. 2014/12/05(金) 03:49:59|
  2. 思い出のアルバム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立ち呑みフジカワ

十年一昔とはよく言ったものである。2003年4月に発売された「京都大衆酒場」という本を読み返すと多くの店がなくなっていることがわかるこの店は昨年,毎日新聞に取り上げられたばかりであったのに。いつの間にか違う店になっていた。一階の同じ名前の酒屋は盛業のようである。もともとVIP席なる椅子席が区切られてあった。京都であるから値段が高いのと,スナック風な接客で好みではなく2度ほど訪れただけであったな。
  1. 2014/09/09(火) 05:35:10|
  2. 思い出のアルバム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古澤酒店

西天満界隈は,場所柄か土曜日も定休の店が多い。どの駅からも遠いが立ち飲みをやっている酒屋が3店ある。表通りの店は大箱で土曜日もやっている。その店から数秒の店は再訪することができたが,以前行ったこのが見つからない。探していると未訪の立ち飲み屋を見つけたが営業時間のはずが開いていない。GPSと住所表示で確認した。ビストロになっていました。
  1. 2014/04/03(木) 05:23:54|
  2. 思い出のアルバム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

shuusaka

Author:shuusaka
大阪の立飲みを中心に安くておいしい酒場を探し歩いています。

最新コメント

カテゴリ

飲み歩き計画 (116)
大阪 (257)
京都 (20)
兵庫 (45)
遠征 (14)
「彷徨」 (367)
思い出のアルバム (23)
安酒場論 (128)
ショートストーリー (18)
年寄りの繰言 (93)
至高の酒屋メニュー (11)
究極の立ち飲みレシピ (11)

フリーエリア

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。