週末安酒場彷徨

週末に安酒場を訪ね歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

梯子酒における〆とは

立ち飲みのいいところは,何軒でも時間と金の許す限り梯子できるところであろうか。肴の量は少なく腹にたまらないし,飲み物を選べば移動している間に醒めてゆく。気をつけなければならないのは炭水化物の摂取である。粉ものとビール,寿司や蕎麦と日本酒など魅力的な組み合わせであるが,時間を空けても後が続かなくなる。「〆」は先人の知恵というのがよくわかる。普段は午前中から飲んで昼食で一旦〆,帰宅して夕食で〆という形である。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/23(水) 05:34:17|
  2. 安酒場論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彷徨い方の理想とは

乗り放題切符で様々な駅で降りたのだから,その証に店に寄ろうという考えは捨てることにした。立ち飲みを一日一店紹介するということも何れ諦めなくてはいけないかもしれないが,可能な限り続けていくつもりである。そのために,行きたくない店で飲むというのは最小限にして,自分にとって理想とする梯子酒を極めて行き,それを発信していこうと考えている。安くておいしければジャンルは問わない。中華や洋食,蕎麦屋など拡大していきたい。
  1. 2015/09/22(火) 05:44:33|
  2. 安酒場論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飲み歩きの効用だと?

「昼飲みできます」という張り紙がよく見られるようになった。そのうち「朝酒できます」というのが出てくるであろうか。朝食,昼食,午後のお茶代わりに飲み歩いているので,どうせ支出しなくてはならないものであるから無駄はない。新しい店を求めて歩くので,ゴルフ並みの運動にはなっているであろう。結構頭を使うことなので,パチンコより気分転換にもなり脳の健康にもいいようだ。ビールやチューハイは,そう量を飲めるわけではない。
  1. 2015/09/17(木) 06:03:13|
  2. 安酒場論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立って飲む意味がないのでは

次々と新しい店が開店していくので安心していたが,そろそろ在庫が尽きてきた。未調査の店を周っみることにした。暖簾をくぐると簡易椅子が置いてあった。カウンターに比べて椅子の数は少ないので立って飲むこともできるかなと考えていると,突き出しが供される。これが無料ならまだ許されるが,これなら居酒屋ということになるだろう。有料の突き出しの出る立ち飲みってあっただろうか。あったような気もするが思い出せない。
  1. 2015/08/21(金) 06:38:43|
  2. 安酒場論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消え行く激渋食堂

大衆食堂といえば著名な方がおられるからか,検索しても中々ブログが見つかりません。それがですよ。久しぶりに風呂屋のことを調べていたら,渋銭湯の専門家で本までだされている方のサイトに「激渋食堂メモ」なるリンクがあって開いてみたら驚いた。こういうのを見たかったんですよ。しかも,この方もライス抜きでお酒を頂いておられる。銭湯の調査と兼ねておられるのかも知れません。知らなかった店を教えていただきました。
  1. 2015/07/27(月) 05:41:21|
  2. 安酒場論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

shuusaka

Author:shuusaka
大阪の立飲みを中心に安くておいしい酒場を探し歩いています。

最新コメント

カテゴリ

飲み歩き計画 (116)
大阪 (257)
京都 (20)
兵庫 (45)
遠征 (14)
「彷徨」 (367)
思い出のアルバム (23)
安酒場論 (128)
ショートストーリー (18)
年寄りの繰言 (93)
至高の酒屋メニュー (11)
究極の立ち飲みレシピ (11)

フリーエリア

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。