週末安酒場彷徨

週末に安酒場を訪ね歩いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

結構手間のかかるものです

酒屋で飲むのに乾き物は嫌なので何かないかと尋ねると,夏なら冷奴ぐらいなら冷蔵庫から出してくれる。そしてカウンターには,ラッキョウや海胆くらげとともに枝豆が置かれるようになる。生を茹でたものであることは,色でわかる。うれしいことなのだけれど,茹でたてであっても,そのまま置いておくと傷んでしまうことがある。関西の暑さは沖縄よりキビシイのである。冷凍ものでもおいしいが,茹でたものに勝つはずがない。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/23(木) 06:11:32|
  2. 至高の酒屋メニュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おでんの季節が待ち遠しい

店頭で酒を飲ませてくれる酒屋で一番ありがたい肴がおでんである。値札がなくても牛筋など頼まなければ高額の請求になることはない。この季節ネタによっては酸味をおびていたりする。冷蔵庫で管理し注文時にレンジだと中心部が冷たかったりする。日が落ちて,屋台で熱燗と一緒に肌寒くなった体を温めるというのが理想である。店と同様,この時期家庭でおでんを作ることはない。好きなネタだけに搾って保温鍋で作ってみようかしらん。
  1. 2015/06/04(木) 06:19:26|
  2. 至高の酒屋メニュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鯖缶南部せんべいのせ

これは出会いものとは言わないのだろうけれども,ネットでメニューを知って,ためしてみたらなかなかのものだった。鯖の水煮缶は週に一回は食べているけれど,それだけではさみしいので「おたぐり」風に納豆を混ぜたりしていた。南部せんべいは好きなほうだが酒の肴にしようとは思わなかった。せんべい汁は食べてみたいと思ってたが,郷土料理店に行く機会はなかった。鯖の水煮で簡単にできるようだ。せんべいの耳はどこで売っているのだろう。
  1. 2015/05/21(木) 05:04:00|
  2. 至高の酒屋メニュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かき揚げにおでんのだしかけて

関東にもあるのだろうか。近鉄八尾の酒屋でいつも頼んでいる。その店のかき揚げは,衣から推察して自家製だろう。冷めているので出汁だけでは温かくならないが,それはそれでいい。入り口に自販機がある以外は,酒屋らしさがないのない天満の名店では,通し揚げで供される。消費税が上がるまでは,ほぼ小売価格であった。多くの立ち飲み屋でも出来合いが置かれているように思う。冷凍食品でも各種あるので,見かければ買うようにしている。
  1. 2015/05/15(金) 05:34:33|
  2. 至高の酒屋メニュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンビーフマヨネーズ葱チン

酒屋で乾き物で飲むのは好まないが,缶詰を注文したことはない。値段が高いし,一人ではもてあますし,余って持ち帰ることもできないからである。仕事帰りの団体さんがシェアされているのを横目で見るだけだ。表題の通称「コマネチ」を出す酒屋ではおでんがあるので注文したことはないが,家で作ってみたことはある。冷奴か湯豆腐だけは出す酒屋はあるので,その葱を流用,台所からマヨネーズを借用して作ってもらうことは可能だろうけど嫌われるな。
  1. 2015/04/21(火) 05:49:31|
  2. 至高の酒屋メニュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

shuusaka

Author:shuusaka
大阪の立飲みを中心に安くておいしい酒場を探し歩いています。

最新コメント

カテゴリ

飲み歩き計画 (116)
大阪 (257)
京都 (20)
兵庫 (45)
遠征 (14)
「彷徨」 (367)
思い出のアルバム (23)
安酒場論 (128)
ショートストーリー (18)
年寄りの繰言 (93)
至高の酒屋メニュー (11)
究極の立ち飲みレシピ (11)

フリーエリア

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。